Amazonギフト券の換金率は85~95%の高水準をキープしています。

MENU

裏技①Amazonギフト券のクレジットカード現金化

Amazonギフト券

Amazonギフト券のクレジットカード現金化は、もはや裏技と呼べるか分かりませんが換金率が高くて手軽にできる現金化方法です。
もともと商品券や金券は、チケットショップでの買取レートが高く現金に近い特性を持っている商品でした。

 

しかし、購入時にカード決済をできないことや、JCBギフト券などカード決済できるタイプはネット購入限定で送料を取られるなど問題が多くて普及していませんでした。

 

Amazonギフト券は公式ページからカード決済で購入できて送料がかかりません。
さらにEメールタイプなど発券せずにやり取りもできるので、ネットを活用して売却できるメリットがあります。
以前は有効期限がネックになっていましたが2017年4月24日以降に発券されたタイプは有効期限が10年に延長されたため、再販価値が高まっています。

 

カード決済や購入、譲渡をしやすいだけではなく、Amazonは人気が高くてギフト券の中でも中古を1%でもやすく買おうとする需要が高いため、買取相場も高めです。
換金率は1,000円あたり85~95%で、クレジットカード現金化業者のように店頭表示から実質換金率が下がることもないので好条件で利用できます。

 

 

Amazonギフト券買取の換金率

業者によって異なりますが、2018年9月現在は最大91~93%前後、平均で85~90%ほどの換金率になります。
Eメールタイプではなく、印刷タイプだと条件が下がることもあるので注意しましょう。

 

オンライン買取を行う業者であれば送付する必要もなく、手数料は一切かかりません。
実質換金率で90%になれば専門業者以上の高スペックになります。

 

ただし、Amazonギフト券の買取レートは下落傾向になっています。
少し前までは最高95%ほどでしたが、少しずつ買取レートが低くなっています。
クレジットカード現金化の普及で中古の流通量が増えました。商品価値のあるものを使ったクレジットカード現金化なので、需要と供給のバランスによって換金率は変化していきます。

 

 

Amazonギフト券買取の手順と所要時間

  1. 買取業者に問い合わせをして流れを確認
  2. Amazonギフト券を公式ページより購入
  3. 買取業者へ申請、申込(初回は本人確認書類提出)
  4. メールでAmazonギフト券を送付
  5. 入金

 

 

まずは買取業者に電話やメールで問い合わせをしておくと良いでしょう。
業者によっては、Amazonギフト券の買い方に指定がある場合もあります。
基本的にはホームページ記載の買取レートで対応してくれますが、業者ごとに異なる利用時の注意点がないか確認しておくと安心です。

 

通常の現金化専門業者は、業者の用意した商品を買いますが、Amazonギフト券は自分で直接Amazon.co.jpから購入します。
カード決済後でも業者への売却をやめて自分で使ったり、ほかの業者に相談しなおすことができます。

 

買取方式なので、Amazonギフト券買取業者は古物商を持っていて、新規利用は本人確認書類の提出が義務付けられています。
未成年者は法律で親権者の同意が必須になっていて、業者によっては無条件で未成年者の利用を断っているところもあります。

 

必要な手続きを行ったらメール等でギフト券を発送して内容確認が終わると、すぐに買取金額が振込で支払われます。
Amazonギフト券購入で慣れている人は、一連の流れで入金まで15分前後です。すでにAmazonギフト券を持っている人は新規でも10分ほどのスピード買取が可能です。

 

なお、大黒屋など店舗を持っているチケットショップや質屋では、Amazonギフト券買取を扱っていない所が多く、主にオンラインショップとの取引になります。